工場の仕事内容は大きく分けて3つ

工場で働く場合、他のお仕事と違って内容が様々であることが特徴です。まずは、内容を確認して、どれが自分に合っているかを確認しましょう。工場での作業は主に、ライン作業、ピッキング、管理などがあります。 「ライン作業」は、一つの製品を大量生産する際に、ベルトコンベアを流れる製品を複数人で扱うことです。立ちっぱなしで同じ作業を繰り返す仕事です。集中力やスピードも必要になります。「ピッキング」は、倉庫内にある商品を指示書などで確認しながら集めることです。ライン作業に比べると比較的簡単な内容ですが、倉庫内を歩き回り、商品によっては重たい場合もあります。体力が必要になる作業もあるため、長期的に勤務できるか検討する必要があります。「管理」の仕事は、ライン作業・設備に問題がないか、予定通りに進んでいるか、問題が起きた場合の対処などを担当します。

向いているか判断するためのポイント

工場勤務では、人と話すことが少ないので、話すのが苦手な人はコミュニケーションについてあまり気負わず、仕事に集中できます。また、学歴は重視されないため、すぐに働きたいと思っている人には就きやすい仕事だと言えます。また、工場勤務では単純な作業だけでなく、資格を取ることで、キャリアアップを目指せる会社もあります。次に注意するポイントとしては、「勤務時間」です。もともと人手が足りない会社であれば、誰かが休むと夜勤になる場合もあります。必ずしも昼間の勤務だけできるとは限りません。また、忙しくなると休日出勤をお願いされることもあります。

また、「力仕事なのか」という所もチェックします。自分の体力に合った内容でないと、仕事を続けられなくなることもあるので注意しましょう。そして、「残業代が発生するか」もポイントです。会社によってはサービス残業とする場合もあるので、確認しておく必要があります。

愛知の寮の派遣業務には、製造工場でのライン管理や製品の品質検査があります。寮は無償で提供していて、派遣先までの送迎を行っている求人もあります。