工場勤務は残業時間が多いって本当?

工場の業務内容によって残業時間や勤務内容が変わります。例えば生産は機械が自動で行い、最終チェックのみ人の目で確認する場合は生産数が多く、残業してまで勤務することはほとんどありません。逆に人の手でライン作業を行う場合は生産数が足りずに残業時間が多くなってしまう可能性が高いです。残業時間が多くなくても2交代制や3交代制によって夜勤や休日出勤が多い会社もあります。また人の手でライン作業を行う場合、同じ作業の繰り返しで身体的・メンタル的にきついと感じる人もいます。怪我が起きやすいので細かくルールを決めている会社もあります。ではどのようにして残業時間が少ない、身体的・メンタル的に負担を感じない優良な会社を見つけることができるのでしょうか?実は幾つか押さえておきたいポイントがあります。

ホワイト企業の見つけ方

気になった会社を見つけたら次の方法で確認してみましょう。1つ目は転職サイトで確認することです。転職サイトでは既に就職した人たちの口コミを確認することができます。残業時間や休日数、給料について情報が載っているので参考にしてみてください。2つ目は新聞、インターネット記事から情報を得ることです。優良な会社は地域貢献活動やボランティアを行っていることがあるので、新聞やインターネットの記事で取材されていることがあります。3つ目が平均年齢です。労働内容が大変な企業は平均年齢が偏ることがあります。特に若い年代層が少ないと人員の入れ替わりが激しいことが多いので注意が必要です。最後が決算資料を確認することです。売上が右肩上がりの会社がおすすめで、業績の伸びしろが悪いと、給料が上がる可能性が低いです。

愛知の寮費無料の派遣業務は、建設現場での運搬作業や製造ラインの管理業務を行います。寮と派遣先を往復する送迎サービスがある求人もあります。